読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気のすむまでバケツ2杯分くらい

漫画の感想を書いていきます。主にBL 漫画 たまにBL 以外の漫画と小説も。

チョコストロベリーバニラ

彩景でりこさんのチョコストロベリーバニラという漫画を読みました。この方の作品は初めて読みました。

チョコストロベリー バニラ (バンブーコミックス 麗人セレクション)

チョコストロベリー バニラ (バンブーコミックス 麗人セレクション)

 

この漫画、3Pものなんです。

私は実は3Pに全く興味を持てないのですが、じゃあなぜ読んだかというと、RENTAでの評価がとっても高いんですよね。。読んだ方の感想を見ても絶賛されている方々多いし、評価低めに付けている方でも、ちょっと合わなかった程度で酷評はないし、エロさだけの3Pものとは少し違う雰囲気を感じ、気になって読んで見ました。

 

あらすじ

幼なじみのタケと“物"でも“人間"でも“好きなモノ"は何でも共有してきた拾(ひろい)。
その拾の好意にずっと応えてきたタケ。
拾に恋焦がれるあまりに、そんな二人を受け入れたミネ。
絶妙なバランスで成り立っていた同級生三人の関係が、それぞれの想いの微妙な変化により、少しずつ崩れ始めていく――!?

感想

以下、ネタバレ含みます。未読の方はご注意を

 

まず、登場人物たちの心理状態が普通じゃないですよね。主要の3人みんな、確実に何か心に問題を抱えてますって。現実にいたら病院へ行く事をオススメするレベルですw

拾の言っている理屈も筋道は通ってるけど理解はできないかな…。もし拾とタケのように、他人が自分の一部であると言い切る関係の2人がいたとしたら…と考えるとぞっとします。創作の世界だからこその面白さです。

更にここへミネが入ってきて始まる3人の関係なんですが、最初は抵抗していたミネも、拾と付き合うならタケとも一緒でなくてはいけないというメチャクチャな関係をわりとすぐに受け入れる不思議な人でした。

体の相性が良かったが故に?嫌い合いながらもタケとミネは少しずつお互いを受け入れていく様子が描かれているのですが、最終的にはミネは拾を好きなままで、3人でいる事に変わりはなく終わっていくんですよね…。タケとミネを見る拾の目が切なかったのですが、それでもこの3人は変わらないのだろうか?ほんとにこのまま続くとは到底思えないなぁと、不穏なままで終わっていくんですよねぇ。それで気になって続刊も2つ読んでしまったのですが(笑)、作者はこの3人の関係性を変える事は考えていないのだろうなと思いました。(まだ続刊全て読んでるわけではないのでこの後本当はどうなるか分からないですが)

タケとミネのエロシーンが続刊含めてとても多いので、作者の描きたかった核心はやはりタケとミネの心の動きなんだろうなと感じました。特にタケかなぁ。自分というものがほとんど無かったタケが、ミネに対してどんどん自分を剥き出しにしていく所。

うーんやっぱり不思議だ!心理描写は丁寧なのに、登場人物に共感できないまま、とにかく摩訶不思議な世界を覗き込んでいるような面白さがありました。全然暗い雰囲気は無いので、病み系ではありますが読みやすいかなとも思いました。

続刊1の、飼い主が拾、先住ペット1タケ(犬)、新入りペット2ミネ(猫)という設定がなんだかしっくりきましたwあぁ、そういう風に考えればちょっとわかるかな…みたいな(笑)

STAYGOLD 1

 秀良子さんのSTAYGOLD の感想です。宇田川町〜のおまけも収録の新装版を購入しました。

 

STAYGOLD 新装版 1 (onBLUEコミックス)

STAYGOLD 新装版 1 (onBLUEコミックス)

 

あらすじ

ひとつ屋根の下で暴走する片思い
「隙みせたら容赦しねーから覚悟しとけ」

―両親不在、血は繋がっていたり、いなかったり。ちょっとフクザツなお家事情の中山家は叔父兄弟と甥姪の4人ぐらし。それでも歪な「家族」は、なんとかうまくやってきた。―駿人(甥っ子)が優士(叔父)に好きと告げ、キスをするまでは。
13歳のままならない恋心は、大人と子供の境目で、ついに暴走をはじめる。

 

感想

(ネタバレ含みます。未読の方ご注意を)

 面白いなぁと思ったのが、お話の中でけっこうコロコロ視点が変わるんですよね。叔父の優士、甥の駿人、駿人のクラスメイトの女の子の美浦、優士の弟のコウ、コウの友人の日高、などなど。登場人物が多いから、こういう色んな人の目線で物語が進んで行くのがなかなか新鮮で面白いです。唯一、菊花ちゃん目線は今の所無かったですが。菊花は小さいけど、けっこうみんなの事を気にしていて大人びてる所があって魅力的です。そのうち菊花視点もあるのな。 

駿人と優士だけだったら1つ屋根の下でキュンとするBL…!という感じなんですが、そんな単純じゃない。そこに駿人の母であり優士の姉である女性の存在が入る事でちょっと暗い影が落ちているように感じました。心理状況的にすごく複雑じゃないですか。片方が身内に想いを寄せていてももう片方がノーマルならありがちだけど、もう片方も実は複雑だったっていうのが、こりゃあなかなか一筋縄にはいかなそうだなと。続き物なのも頷けます。

個人的には日高なかなか良いキャラしてて好きです。2巻以降も話に食い込んでくるみたいなので期待してます。1つの漫画で2つのBLを同時進行で拝めるなんて素晴らしい…!コウが日高をどう思っているのかが気になる所です。どうでも良い話ですが日高は某バンドの某ギタリストに顔も髪型も名前も似ている気がするんですがそこの所どうなんだろう(笑)流石に違うかなぁ。

駿人の誕生日の話はちょっと泣きました。家族へのプレゼントってあげる人とあげない人分かれると思うんですけど、私はわりと兄弟にあげていたし貰っていたので、コウと菊花がそれぞれ用意しているのに懐かしさを覚えてじんわりきました。クリスマスよりも誕生日が何より特別な日であってほしい派です(笑)誕生日に、帰ってきて誰もいないお家は寂しいよなぁ。

おまけで誰よりも早起きした菊花がコウと一緒にプリキュアみたいなの踊って寝落ちするのが可愛いかったです。

余談なんですが、私が昔コミケに行ってた時に秀良子さんがよつ●との同人活動をされていて、よつ●との家族パロディみたいな同人誌があったのを思い出しました。やんだが思春期の息子でとーちゃんが母ちゃんでっていう。ギャグだし全然違うけれど、何か印象が重なるところがあるのかふと思い出しました。たぶん家にあるはず…今度読もう。

 2巻の感想はまた近々書きます!

VOID

 コヨーテの作者ということで作者買いです。座裏屋蘭丸さん。間違いないだろうと思い。

VOID-ヴォイド-

VOID-ヴォイド-

 

 

あらすじ 

マキの元にやってきたヒューマノイドのアラタは、容姿と記憶の一部をコピーしたハイスペックな【愛玩タイプ】。 しかも最初に見た人間を好きになり依存する【すりこみ機能付き】。 すりこみ機能により愛情を示すアラタを、マキは嬲るように抱く。 「ちゃんと愛して欲しい」とアラタは涙目で訴えるが、マキの心には決して融けない「永久凍土」があり……。 描き下ろし50ページ超収録!ロゴにメタル箔押し&表紙にエンボス加工を施した豪華装丁! 総ページ数200P超の大ボリュームの完全受注生産の18禁コミックスです。

 (Amazonの商品説明引用してます)

 

感想

やはり間違いなかったです。絵もお話も素晴らしかった!

ヒューマノイドだとか、SF的世界観はありますが、コヨーテ同様にそれ程頭であれこれ考えなくてもスッとストーリーに入っていけます。全然強引な感じじゃなく、すごく自然にSF設定を受け入れられるんですよね。絵柄的にもそういった世界がすごく合う。設定に負けてない。本当に上手いなぁと感心してしまいます。

それから、座裏屋さんの描くエロはとても芸術的というか美しさを感じます。ただ、このお話は前半部分からエロ満載なんですけど、前半部分のエロシーンは萌えとか興奮よりも、悲しさを感じました。エロシーンが残念って意味じゃないですよ。主人公のマキに感情を寄せるとものすごく悲しいエロシーンなんです。さらに読み進めてマキの過去を知った後にこの部分を読むと悲しさが増します。

だけどその悲しい絶望的な状況から、まさに氷が解けていくような感覚でハッピーエンドへ向かってくストーリー展開。マキが、レンとアラタを少しずつ違う人間だと感じ始めていく過程、アラタって名前を呼ぶ度に、もうレンと重ねていないんだなと読んでるこっちも感じられるんです。 

座裏屋蘭丸さんのセンスの良さは漫画の随所に散りばめられていて、

例えば冒頭の、葬儀のシーンで棺が運び込まれている描写のあとに、アラタが入った箱がマキの元へ運ばれてくるシーンがくるんですけど、レンの入った棺とアラタの入った箱が対比になるような演出だったり、

「すりこみ」設定があるから後ろを向けと言われた前半と、最後の「後ろを見てみろ」

 というセリフもうまーい具合に対比になっていて、なかなかニクイ演出なんですよねぇ。レンは鳥嫌いだけどアラタがバードハウスを作ろうとする所なんかも良いですよね。

作者は映画をたくさん観られる方なのかもしれないなぁと勝手に想像してます。すごく良作の洋画にありそうじゃないですか。

悲しみから甘い甘いハッピーエンドへ向かう幸せを感じました。心が救われる作品です。読んで良かったなぁ。

俺のパンツが人質にとられています

漫画読んでも感想書かずに新しい漫画に手を出す日々です…

まぁ別に誰からも求められてないとは思うけど、なるべく書こう( ´ ▽ ` )

 

俺のパンツが人質にとられています (IDコミックス gateauコミックス)

俺のパンツが人質にとられています (IDコミックス gateauコミックス)

 

 エロがメインのBLってページ数の問題なのか作者さんの意向なのか、ものすごく強引にエロへなだれ込んでいくのが多い気がします。読んでる方は流れに乗り切れぬまま事が始まり、そしてわりとしつこいくらいエロがあり、唐突に終わり、あれ?!この人たち恋愛してました????みたいになって、なぜ買ってしまったのだと軽く後悔するんでなるべく控えてたんですけど…

評価の高さと画力の高さと、タイトルが決め手になって購入しました。このタイトルの、深刻なのか何なのかわかんない感じが笑えますw

 

あらすじ

クラスでもそこそこイケてるグループに所属している。そんな俺がなぜか今、ノーパンで学校生活を送っている……それもこれもあのムカつく後輩、野島のせいだ! 俺のミスを逆手に取って脅すだけじゃ飽き足らず、ノーパンで学校に来いだとか言い出したと思ったら、なんかエロいこととか……その……ごにょごにょ……と、とにかく俺のパンツ、返せぇぇぇえええええ!! 俊英春田の送る、ノーパン青春グラフィティ! 開戦!

 RENTA!の内容紹介より引用してます

 

感想

ネタバレ含みます。未読の方ご注意を!

 

この漫画、予想外にって言ったらすごく失礼ですが、思ってたよりすごく良くて

春田さんの漫画他のも読もうかなー!って思いました。

他の方のレビュー通りエロシーンが濃いめ、それもけっこう凝ってて、絵の構図がとても上手なんですよねぇ。内容はそれほど特殊な事をしてるわけでもないのに、ほんとに描き方が上手くて何もかもが新鮮に見えました。

絵柄も好みだなーって思う方多いんじゃないでしょうか。随所で受けの子の表情がしっかりエロく描かれているのも素晴らしかったです…!

攻めの野島は総合的に見て変態なんですが(笑)ドSでもしっかり愛がある感じで好感持てました。まぁ弱み握って脅迫なんて好きな相手への近づき方としては如何かと思いますが、終始コメディ的な調子で進んでいくので不自然でもこれはアリかなーという感じです。わたし個人的には漫画喫茶のシーンぐっときましたよ。ちょっと切なくもなりました。

コメディっぽいといえば、途中で受けが見た謎の夢は笑えますw

そういえば読後に、亮は野島のことをいつ好きになったんだ??という疑問が湧いてくるんですが、最初はそれっぽい描写ないなぁと思ってたんですけど、この夢のあたりがそれに当たるのかもです。意識してるという意味で。高校生だから性欲と恋愛感情がごっちゃになってしまう部分もあるんでしょうかね。うんきっとそうだ。だだやっぱりこの、いつ好きになったのか?という部分で内容に違和感を覚える方もいるんでしょうね。野島が恋愛感情を抱いた経緯は巻末の書き下ろしで描かれてますけど。

 亮の家族設定なんかも登場人物同士の会話からなんとなく読み取れるようになっていて、いちいち説明臭くなくて良かったです。

ところで当て馬なのかと思いきやフェードアウトした後ろの席の戸塚くん。

彼は一体…?ほんとは描きたかったけど入りきらなかった裏設定があるのかもですね。

ヤサシイワタシ

 今回はひぐちアサさんの「ヤサシイワタシ」です。

BLじゃないんですが…

ふとしたきっかけでこのヤサシイワタシ読んでみたら、この漫画の事が頭から離れなくなってしまった

私にとってはなかなか衝撃的な作品でした。

 あらすじ

 イヤな女? カワイイ女? 純情青年が大学の写真部で出会った先輩は、部の「要注意人物」だった。やがてふたりは付き合い始め──。大ヒット野球漫画『おおきく振りかぶって』の著者が、注目の新人時代に放った、普遍的で深刻なテーマをシリアスに描いた初単行本。切なさに体温があり、甘さには血が通う。告白にも似た傷つけ合いは成長すら痛々しい。リアルな人間像を熱く描く、悲しきジェットコースターラブストーリー、開幕!

(Renta!の作品紹介を引用)

 

感想

(ネタバレ含みます。未読の方はご注意を

 

作者のひぐちアサさんは高校野球を題材にした「おおきく振りかぶって」という言わずと知れた名作漫画(いまも連載中ですね)を描いておられる方で、

私もおお振り好きで読んでるんですが(新刊出たら感想書きたいなと思ってます)

このヤサシイワタシは、おお振りの内容との差が激しいというか

なんの笑いもなく、ずっとシリアス続き、

躍動感溢れるコマもなく、登場人物たちが言葉を交わしながら淡々と進んでいく物語です。正直、とても息がつまる作品です。

読む前にあらすじも把握していたし、ネットで知り得た情報で結末をなんとなく知った上で読んでしまったのですが、そういうの差し引いてもやはり心にずしっとくる漫画でした。

一読しただけでは、一体何が何だったのかさっぱりという感じでした。主要人物である芹生とヤエの心の動きが追えない、会話が理解できない。

この人たちは一体何を喋っているんだ?!と混乱してしまったのが事実です。読解力ないなーあ…。

最初は再読する事すら躊躇いましたが、でもやはり何か心に残るものがあって

何度も何度も読み返して、感想などを書かれているブログも見に行きました。

 

何度か読んでやっとわかったのはヤエの孤独さ不安定さ心の弱さ。

ヤエの行動や言動は登場人物たちだけでなく、読み手からも嫌われるように作り込まれてるように感じました。一巻を読んだ時点で彼女の性格が無理だと思う人も多いはずです。

ヤエに共感したり寄り添ったりできるかどうかで物語の見方は大きく変わってくると思いました。

つまりは、自分がヤエのような人だったら?とか、

自分にもヤエのような不安定さは無いと言えるのか?という事を問えるかどうかです。

私も一読目では、最後まで読んでもヤエはほんと酷い人だな最悪だなとしか見られなかったです。自殺という手段さえ周りの人たちを傷つける最悪な方法だと。どこまで性格が悪いんだと…。

ヤエは根本からもう不安定なんですよね。何をしてもグラグラしてしまう人なんです。ヒロタカも自分とヤエを重ねて見てはいたものの、やはり決定的に違っていると思いました。ヒロタカは前に進む強さを持っているけど、ヤエにはそれができなかった。最後のヒロタカとヤエの会話で、ヤエはそれを感じ取っていたように思えます。

最後の笑顔がすごく切ないです。

ヤエの根元の不安定さ作ったのはやはり家庭…なんですかね。そう思うとやり切れないですね。子供にとって親ってほんとうに大事なんですよね…。

 

話は逸れますが

私は小説でも漫画でも音楽でも、あるモチーフを何度も繰り返し伝えようとする人、

形を変えてでも、ずっと同じ事を表現し続けている人ってとても尊敬します。なぜだかそういう表現者の方の作品が好きだし、そういう部分を見つけると嬉しくなります。

ひぐちアサさんにとってのヤサシイワタシは原点的な作品のように感じました。

おお振り」にも自信をなくした主人公(ヤエとは違い芯はありますけど)と、

最初は卑屈な主人公をあまり理解できない野球部員達が心を通わせながら彼を理解し成長していく過程が描かれています。陰で頑張っている主人公をどうにかして自信持たせてあげたいと奮闘する場面や、怪我をして初めて知る怪我をした人の気持ちも描かれています。

こっちは登場人物たちがどんどん成長していくので希望に溢れていてとても読んでて楽しい漫画ですけどね。

ひぐちアサさんの作品を全部読んだわけではないのであくまで憶測ですし的外れかもしれませんが、何か根底の部分に通じるものを感じました。

ポルノグラファー

 丸木戸マキさんのポルノグラファーの感想です。

ポルノグラファー (onBLUE comics)

ポルノグラファー (onBLUE comics)

 

 正直な話、眼鏡キャラにあんまり惹かれないもので…

表紙見て、ちょっと敬遠してた漫画だったんですが、同じ作者さんの作品「アケミちゃん」がかなり良くて、同じ日にこの「ポルノグラファー」も購入してしまいました。

いやもうこの漫画、かなり面白かったです…!!!

予想しなかった方向へ進んでいくし… 

これは感想を書かねばと!

あ、アケミちゃんの感想はまた後日書くつもりです。

まずはこちらから。

 

あらすじ

現実は妄想よりスゴイ。ポルノ作家と俺の“代筆”のお仕事。  大学生の久住(くずみ)は、ポルノ作家・木島(きじま)の腕を骨折させてしまい、口述筆記で代筆することに。仕事をはじめて数日。淫らな文章を読み上げる木島の声は久住の耳を責めたて、疼いた下半身は完勃ち状態に…。「抜いてあげようか? 口でしてあげる」からかわれた久住は、その日から木島で“エロい妄想”をするようになってしまい――? 純情大学生×思わせぶり官能小説家のお子様厳禁セクシャル・ワールド。

(amazonより引用)

 

感想

前半、これでもかというくらい卑猥な文章が出てくるんですが、

それをものすごい淡々とした表情で読み上げる木島がシュールすぎて読みながら笑いそうでした。

久住が聞いて完勃ち(笑)しても、すぐにそういう展開には持っていかずに、あくまで変人・木島先生に戸惑う久住…の図を崩さず、コメディっぽくテンポ良く物語が進んでいきます。

官能小説を口述筆記するという要素は面白いしもちろん大事なんですが、

この漫画のいちばんのメインテーマは木島の孤独さとか、突きつけられた現実に木島がどう答えを出すのか…っていう所な気がします。

だから前半部分はちょっとコメディっぽく笑いもあるけど、後半の核心に触れる部分はとってもシリアスでした。純文学小説家を目指していた1人の男の生々しい一生という感じ…結末の、木島がとった行動には切なくなります。

…にしても、木島が小説を書けなくなったのはちょっと城戸が絡んでそうですよね…?どうなんだろう??

まぁ本当に書きたかったものとは違うものを書いて生活していたのだから、遅かれ早かれ、こういう結末になってしまうのは仕方ないのかなぁ。

個人的な好みの話で申し訳ないんですが、城戸さんがけっこうツボでした。なんだかこの丸木戸さんの描くタレ目キャラが好きみたいで…(アケミちゃんの攻めといい…)

木島と城戸の、過去に何かあった感じを匂わせる雰囲気がすごく良かった。

むしろ、木島先生と城戸の間に起こった事を!!過去の話をもっと描いてくれ!!って思ってしまいました(笑)

でも木島、過去は確実に城戸さんのこと好きでしたよね??え??妄想しすぎか…??

まぁ城戸はさておき、木島はほんとに最後まで捻くれまくってて良かったです!

なんて完成されたキャラなんだろう…現実にいたらすごく嫌だけど!

最初に表紙の絵で敬遠してしまったけれど、今は眼鏡の木島が愛おしいです(笑)

 

…これ書いてる途中で知った事なんですが、

on BLUEにて、城戸×木島の過去編ストーリーが連載中らしいですね?!すごい読みたい!!コミックスとして纏められたらぜひとも読みたいです…!

ほっぺにひまわり

 またまた三田織先生です

ほっぺにひまわり (マーブルコミックス)

ほっぺにひまわり (マーブルコミックス)

 

 僕らの食卓、山田と少年、と読んできて、さて長編作品でコミックス化してるのは(今の所)残すところ「ほっぺにひまわり」のみ…

表紙絵からも三田さんの可愛らしい絵柄が興味をそそるんですが、

受けの子がぽっちゃり…という点が気になって躊躇してました

が!やはり、読んで良かったです!

ほっぺにひまわりの他に、深い森という作品も収録されてます。

どちらも違う味があって非常に良かったです。

甘ーいチョコと苦いコーヒーみたい。

どちらかと言うと、私は重めの話が好きなので「深い森」の方が好みだったかな…

今まで読んできた三田さんの漫画と少し違って新鮮でした。

以下、2つのお話の感想をもう少し詳しく書いていきたいと思います。

 ネタバレ含みますので未読の方ご注意を〜。

 

ほっぺにひまわり

あらすじ

体重90kgのぽちゃかわ男子!

皆から愛される(イジられる! ?)ぽっちゃり体型のヨネちゃん。
ある日、憧れのクラスメイト・アライ君から「ユーレイを成仏させる為に女装してほしい」なんてお願いをされて! ?
愛嬌たっぷりのヨネちゃんと、イケメンムッツリ・アライ君のぽよぽよスウィートラブ

(Amazon作品内容一部を引用してます)

 

感想

舞台は男子校なんですが、受けのヨネちゃんの立ち位置が絶妙でした。

ヨネちゃんの、卑屈すぎないキャラクターがすごく良い。周りのみんなが多少身体のことをいじっても気にしすぎずニコニコポヨポヨ。

クラスメイトも過剰にいじるわけでもなく仲良しで、ヨネちゃんをAV鑑賞に誘ってきたり(笑)すごく平和で読んでいて楽しかったです。あー高校生楽しそう!

アライ君がヨネちゃんを好きになった経緯がよくわからなかったんですが、好きになる理由とかそんなの語らなくても、アライ君は真っ直ぐヨネちゃんを好きで、それが揺るぎなくて、読んでいてほんとに爽やかな夏の風が吹いてきそうな(笑)素敵なお話でした。

アライ君に思いを伝えたあと、ひまわりの着ぐるみの下で泣いていたヨネちゃんにうるっときました。

やはり三田織さんの漫画の温かさには涙腺が緩くなるなー。

高校野球児好きには、アライ君の野球部ユニフォーム姿はときめきますよ…!

 

おまけで、大人になった2人が登場するんですが(本編エロありませんがこっちでは少しあります)

よよよよヨネちゃん?!?!というくらい別人です(笑)

これはこれで、この2人の話が読みたくなる!なんか別物として捉えないと心の整理がつかないくらいヨネちゃん別人でした。たしかにエロくなった…(おい

 

深い森

三田織さんの漫画はほのぼの系のものしか読んだ事がなかったので、衝撃を受けた作品でした。

かなり切ないですこの話。

律の事が頭から離れない遥が、かっぱ巻きをくしゃっと握ってるコマなんか、

もう、胸がいっぱいになっちゃいました。自分の胃の中にもかっぱ巻き入ってる錯覚起きるくらい感情移入して切なくなっちゃった。

 

早苗さんに本当の事がバレて、今まで積み上げてきたものが崩れてしまった遥が、

うまくやれなくてごめん と漏らしたあとの律の表情が印象的でした。

遥が自分の代わりに色んなものを1人で背負わされ、苦しんできたんだと悟ったような表情で。

そのあと初めて律の方から遥を抱きしめ受け入れるんですが、

きっと律にとっては遥はずっと甥っ子の、可愛い遥なんだよなぁ。 

でも遥を救うにはこうするしか選択肢がないんだもんなぁ。

あああどうしてこうなったんだほんと。

そしてそこから、だだだっと駆け抜けていくようなラストまでの展開も素晴らしかったです。

仄かな柔らかい光が差し込んでいるような、最後のシーンが大好きで

何度も何度も読んでしまいます。 

 

それにしても、深い森っていうタイトルが、すごく合ってますね。

Warpaintの曲が聴こえてきそう。(知ってる人いるのかな)