読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気のすむまでバケツ2杯分くらい

漫画の感想を書いていきます。主にBL 漫画 たまにBL 以外の漫画と小説も。

チョコストロベリーバニラ

彩景でりこさんのチョコストロベリーバニラという漫画を読みました。この方の作品は初めて読みました。

チョコストロベリー バニラ (バンブーコミックス 麗人セレクション)

チョコストロベリー バニラ (バンブーコミックス 麗人セレクション)

 

この漫画、3Pものなんです。

私は実は3Pに全く興味を持てないのですが、じゃあなぜ読んだかというと、RENTAでの評価がとっても高いんですよね。。読んだ方の感想を見ても絶賛されている方々多いし、評価低めに付けている方でも、ちょっと合わなかった程度で酷評はないし、エロさだけの3Pものとは少し違う雰囲気を感じ、気になって読んで見ました。

 

あらすじ

幼なじみのタケと“物"でも“人間"でも“好きなモノ"は何でも共有してきた拾(ひろい)。
その拾の好意にずっと応えてきたタケ。
拾に恋焦がれるあまりに、そんな二人を受け入れたミネ。
絶妙なバランスで成り立っていた同級生三人の関係が、それぞれの想いの微妙な変化により、少しずつ崩れ始めていく――!?

感想

以下、ネタバレ含みます。未読の方はご注意を

 

まず、登場人物たちの心理状態が普通じゃないですよね。主要の3人みんな、確実に何か心に問題を抱えてますって。現実にいたら病院へ行く事をオススメするレベルですw

拾の言っている理屈も筋道は通ってるけど理解はできないかな…。もし拾とタケのように、他人が自分の一部であると言い切る関係の2人がいたとしたら…と考えるとぞっとします。創作の世界だからこその面白さです。

更にここへミネが入ってきて始まる3人の関係なんですが、最初は抵抗していたミネも、拾と付き合うならタケとも一緒でなくてはいけないというメチャクチャな関係をわりとすぐに受け入れる不思議な人でした。

体の相性が良かったが故に?嫌い合いながらもタケとミネは少しずつお互いを受け入れていく様子が描かれているのですが、最終的にはミネは拾を好きなままで、3人でいる事に変わりはなく終わっていくんですよね…。タケとミネを見る拾の目が切なかったのですが、それでもこの3人は変わらないのだろうか?ほんとにこのまま続くとは到底思えないなぁと、不穏なままで終わっていくんですよねぇ。それで気になって続刊も2つ読んでしまったのですが(笑)、作者はこの3人の関係性を変える事は考えていないのだろうなと思いました。(まだ続刊全て読んでるわけではないのでこの後本当はどうなるか分からないですが)

タケとミネのエロシーンが続刊含めてとても多いので、作者の描きたかった核心はやはりタケとミネの心の動きなんだろうなと感じました。特にタケかなぁ。自分というものがほとんど無かったタケが、ミネに対してどんどん自分を剥き出しにしていく所。

うーんやっぱり不思議だ!心理描写は丁寧なのに、登場人物に共感できないまま、とにかく摩訶不思議な世界を覗き込んでいるような面白さがありました。全然暗い雰囲気は無いので、病み系ではありますが読みやすいかなとも思いました。

続刊1の、飼い主が拾、先住ペット1タケ(犬)、新入りペット2ミネ(猫)という設定がなんだかしっくりきましたwあぁ、そういう風に考えればちょっとわかるかな…みたいな(笑)