読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気のすむまでバケツ2杯分くらい

漫画の感想を書いていきます。主にBL 漫画 たまにBL 以外の漫画と小説も。

山田と少年

 三田織先生の山田と少年です

 

山田と少年 (CannaComics)

山田と少年 (CannaComics)

 

あらすじ

「おれら、付き合ってみる?」 クリスマスの夜、仕事帰りの山田(26)は、 泣きながら酔っ払っている男子高校生・千尋を拾う。 彼は、同性に惹かれてしまうことを悩む少年だった――…。 ノンケの社会人と、ゲイの高校生。 偶然出会った二人が 性別を超え少しずつ心の距離を縮めていく 三田織、待望の長編作。

(Amazon内容紹介をそのまま引用してます) 

 

感想 

「僕らの食卓」に感動し、三田織さんの他の作品を読んで見たい…!

と思いこちらを購入しました。

結論から言うと、ほんとにご馳走様でしたという感じです…!!読んで良かった!

暖かくてほっこり幸せな気持ちになれるBL漫画をお探しの方は読んだ方が良いかと思われますよ。

ただ、エロは少なめ(僕らの食卓よりは期待しても良いかな)です。でもこの漫画にはエロさを求める必要は無いと思います。

だってとっても純愛なんですもん〜〜受けが可愛い!攻めが優しい!!

…それでもう良いじゃないですか十分ですよ。

 

以下、もう少し詳しい感想です。ネタバレご注意を

 

ネオンサインアンバーの感想でも書きましたが、ゲイであることに悩んでいる受けが攻めに救われる…系のストーリーが私は大好きなんですが、

この漫画の受け千尋は、まさに…まさに!その典型と言っても過言ではない!親友に恋して悩む高校生。そして父親のいない家庭で弟と妹の面倒を見る、頑張るお兄ちゃんでもあります。山田が優しくすると耳たぶまで真っ赤になるという特性を持ってます。(名付けて耳バラ)可愛すぎか!

 

山田は千尋に恋愛感情を抱いて居ない時点でも、千尋を傷付けないように配慮でにる優しい男性。見た目は少し老け気味の26歳だけど普通に女性からモテそうな気がする。。

どう見ても恋愛方面何も無さそうなのに、初詣で俺の恋愛運は千尋に〜って神様にお願いしちゃうってどんだけ優しい人間なのかしら。 

 

そんな優しい人間同士の優しい恋愛物語。

あぁみんながこれくらい優しければ世界は平和なのに…

 

千尋が雨の中を1人で帰るシーンは泣けます。今までいっぱい頑張ってきた千尋の、張り詰めてたものが、ぱーんと弾けたような、そんな気持ちが伝わってきて。

 

それにしてもブタマンとピザマンて何だ!僕らの食卓の種くんが背負ってる謎の生き物といい、三田さんの織りなす世界がいちいちツボです。

ちなみにですが、千尋の弟のたっくんと僕らの食卓の種くんは同じ保育園…だと良いなぁ〜と三田さんご本人のブログで語っておられました。

読後の妄想に事欠きませんね!

 

僕らの食卓同様、もっと続きが読みたい〜!と思っていたら、

なんと続編にあたる同人誌が存在するらしい事を知りました。

が、今は売り切れで再販も未定。

三田さんご本人のブログにて、電子書籍化も含めて再販の検討中との記事があったので、読みたい方は待ちましょう…私も読みたいです。。

オークションではけっこうな金額まで跳ね上がってて人気の高さが伺えます…!