読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気のすむまでバケツ2杯分くらい

漫画の感想を書いていきます。主にBL 漫画 たまにBL 以外の漫画と小説も。

風花、つもりつもる

 今回は、こめり先生の「風花、つもりつもる」です。 

風花、つもりつもる。 (MARBLE COMICS)

風花、つもりつもる。 (MARBLE COMICS)

 

こめり先生は2016年の年末あたりに、「話せば長い2人の話」というBL漫画も発売されていて、こちらもとても面白かったので後々レビュー書きたいと思ってます。

風花〜は2年以上前の作品ですが、私が初めて読んだこめり作品で、思い入れもあるので先にこちらから書いていこうと思います〜

 

あらすじ

俺とお前でどんな恋愛をするだろう

居心地の良い大学の後輩宅に入り浸って半年。
ひょんな事から喜多川は、その部屋の持ち主・小泉がゲイだと知る。
衝撃を受けたものの、幸せそうな姿に羨望すら覚える喜多川だったが、ある日、小泉の恋人・槇から「相談がある」と呼び出され! ?

2人の色恋沙汰に巻き込まれながら、自身も小泉への感情に振り回されてゆく喜多川&小泉のグローイングラブ・ストーリー

(Amazonの作品紹介より引用してます)

 

感想(以下、ネタバレを含む内容となってます。未読の方ご注意を)

 表題作は前編、中編、後編と分かれていて、その他に短編が3つ入っている構成です。今回は表題作のみの感想です。

思い入れがあるーと書きましたが、私にとって何故だかこの風花〜は何度も何度も読んでしまう不思議な漫画なんです。読後、何故だか毎日小泉の事が頭から離れなくなったりもしました(どうしたんだほんとに。)

全体的に絵柄は可愛らしい感じで、この絵柄と大学生の話っていう所がマッチしてる気がします。また、登場人物同士の会話が、読み手にスッと入り込んでくるんです。キャラがすごく自然に息をしてる感じがして良いんですよね〜。

 こめり先生の漫画は、わりと受けの性格が潔いというか、スパっとしてる?のも魅力だと思いますどうもうまく言葉で表現できない残念な語彙力…)

この漫画に登場する受けの小泉も、不倫してるし嘘ついてまで恋人に縋り付いてはいますが、女々しさは感じないです。自分を受け入れてくれる人に依存してしまうんだろうなと…。

喜多川はノンケなんですが、最初は小泉の部屋が居心地いいから入り浸り、ゲイで不倫してる秘密を知り面倒に巻き込まれながらも小泉を避けたりはしない。だけど、結局彼は、小泉のことを好きになったのか…?という疑問が残ります。

欲情(!)はしたけど好きになったという描写は見当たらないし…。

タイトルにもある通り、だんだんと小泉への気持ちがつもりつもって溢れ出して最後の「俺と付き合ってみろよ!」というセリフに至るんですが、彼の小泉への気持ちは曖昧なまま終わります。

でも小泉がこれ以上苦しまないで欲しいって思ってそこまで言ってくれちゃう喜多川さん、ほんと優しいな…!!

 

 ちなみに、風花、つもりつもるには「腹を割って話そう。」という続編にあたる同人誌が2冊出ております。おそらく今は販売していないので、中古の同人誌を取り扱うお店を探すしか無いのかも…

 疑問だった喜多川→小泉への気持ちはここで語られています。

出会ってから4年、結局小泉のことが好きなのかよくわからないまま、でも放っておけないでいる喜多川さん。なんとなくそれを分かっている小泉が切ないけれど、思いが更に積もり積もってお互いが大事な存在になったら良いなぁと妄想してます(私が)

不満を言いながらサキイカ食ってる小泉と、マイペースにど●兵衛食べる喜多川さんにほのぼのします。この2人可愛い。

風花〜の本編にエロは無いですが(キスのみ)、腹を割って話そう2はエッチする話です(風花〜巻末のセーラー服ネタの続き)

…が、喜多川さんはヘタレだし、小泉はやはり色々と潔い(笑)

 

同人誌の感想が多くなってしまった!

時々思い出しては、2人の会話を読み返したくなるほのぼのとした作品でした!